不動産を購入する場合の初期費用には、不動産の本体価格はもちろんのこと、その他にも不動産特有の諸経費が初期費用として発生することを把握しおく必要がありますね。 ・不動産仲介手数料 不動産仲介会社より物件の紹介を受けた場合には、その仲介会社へ仲介手数料を支払いることでしょう。仲介手数料の上限は決められているので、計算は手軽に出来るかもしれません。 ・不動産取得税 不動産を取得した場合には、「不動産取得税」と言う税金を支払わなくてはなりません。土地と建物で税率が異なりますので、最新の税率で計算するなさってくださいね。 ・登録免許税 購入した不動産の所有権登記をしている時は、「登録免許税」と言った税金を支払う必要があります。売買による所有権移転に、固定資産税評価額×一パーセント、金融機関から借り入れをしてその担保として抵当権を設定行うことはに、債権額×0.4%の金額を支払いるかもしれませんね。 ・司法書士手数料 登記申請を司法書士に依頼するときには、司法書士手数料が発生します。不動産仲介会社や金融機関から司法書士を紹介される可能性もありますが、この料金は司法書士によっては異なりますので、必ず見積もりを取るようにするといいですね。 ・印紙税 売買契約書に貼付する印紙代です。5,000万円を超える場合には2万円、10,000万円を超えると4万円もかかり、バカに出来ない金額と思っております。 このように、不動産投資の初期費用には、不動産の本体価格の他に多くの諸経費が発生します。この金額を把握してた上で、実際の利回りを計算する事が大切になりますー